トップ

インプラントを基本から学ぼう

インプラントの治療は

前歯

インプラントの治療期間

インプラントとは顎の骨に穴を開け、歯の土台となる金属製の人工歯根を埋め込む歯科の治療法です。従来の入れ歯のような不安定さや異物感を感じることなく、自分の歯に近い感覚で噛むことができるのがメリットです。ただし骨と人工歯根がしっかりと結合して定着するまでに、一定の時間を必要とします。顎の骨の厚みや高さが十分に足りている場合は3ヶ月程度ですむ場合もありますが、骨が足りない場合は人口の骨を入れるなどの処置が必要ですので、治療期間が1年以上になる場合もあります。以上のように治療期間が長くなるというのが、インプラント治療の最大のデメリットとも言えるでしょう。

治療期間についての事

インプラントは一定の期間が必要な歯科治療です。通院する回数としては、だいたい6回程度くらいからですが、個人差もありますから医師の診断を仰ぎましょう。治療を受けるデンタルクリニックや、手術方法などによっても異なります。インプラント治療にかかる機関としては、だいたい3ヶ月くらいから約1年くらいが目安になります。方法によっては、1日で終わるという方法もあります。ですが、長い目で見た時には、時間をかけて治療をしていったほうが、安心感も増す治療でもあります。忙しい人にとっては、1日で終わる治療はスピーディーで助かるものです。

↑PAGE TOP